看護学校卒業後のリアル、みんなどこにいった?

こんにちは、こむたろです。

30代になってから看護学校に入り、看護師になりました。

看護学校に入学する前、気になったのが就職先

どこかしら就職できるとは思うけど、30代新人の受け入れ先ってどんなところ?

子育てしながら働けるかな?

インターネットで探しても、なかなか情報が出てきません。

そこで、30代で看護師になったあとの就職後の様子体験談を紹介します。

結論から言うと、子持ちの社会人でも就職先はあります。

自分のライフスタイルに合わせて突き進めるのが、看護師のいいところですよ

30代で看護学校を卒業したら、どんな就職先がある?

就職先は看護学校によって変わります。

ざっくり分けると、こちら。

  • 大学病院の附属学校→系列の病院
  • 公立→その都道府県や市町村の病院
  • それ以外→看護学校の実習で行った病院
  • 奨学金をもらっている人→奨学金をもらった病院

細かく違いを説明しますね。

大学病院の附属学校→系列の病院

現役生が多いです。

社会人はほぼ入学できないので、あまり使えないルート

社会人がいても、20歳代前半の就業歴が浅い人が多いイメージです。

公立→その都道府県や市町村の病院

社会人も入学できるルート。

国公立がお金を出しています。そのため入学時に、その都道府県や市町村への就職意思を確認されることもあり。とくに市町村の学校は、看護師不足のために学校をやっていますからね。

もちろん、強制力はないので、県外や市外の病院に就職することも可能です。ただし、進路指導との激しいバトルは避けられませんよ。

それ以外→看護学校の実習で行った病院

付属のない看護学校では2〜3年生になると、病院で実習をします。

成人看護や小児科、産科、がん看護など、実習内容に合わせて複数の病院に行くこともあるんです。

自分が実際に病院に行くので、病院の雰囲気もつかみやすく、就職先にも選びやすいですね。

看護学校としても貴重な実習先確保のため、実習病院に就職してくれるとありがたいので、進路に迷っていたらやんわり勧められます。

奨学金をもらっている人→奨学金をもらった病院

看護学校は奨学金制度があります。

一般的に、奨学金をもらった人は、そこの病院に何年間か就職する決まりがあります。

なので、奨学金をもらった人は、自動的にその病院に就職することが多いです。

もし就職しない場合は、奨学金を返金するなどの規約がある様子です。

ちなみに、こむたろは?

それ以外のルートです。

しかも実習先でもなく、”子育てができる託児所がある病院”で選びました。

ネットで口コミ調べて、一度見学に行って決めました。今のところ平和です😅

看護学校を卒業したときの就業先は?

ざっくりまとめてみました。

  • 現役生→大学病院か大病院、1割は進学で保健師や助産師学校、大学編入へ
  • 社会人(独身)→専門病院や大病院、中規模病院へ
  • 社会人(子持ち)→託児施設のある中規模病院、老健施設、出産のため就職活動しない人も。
  • 数人→国家試験不合格のため、浪人へ。

就職活動は、みんな一発合格でした。どこも看護師不足なんですね…

さて、これがどう変化するか。

卒業3年後、みんなどこにいる?

現役生

半分は楽しく働いていました。社会人になった若者とお酒を飲むのは、子どもの成長を見守る親みたいで面白いです。

でも、半分は転職か退職

看護師自体が合ってないと気づき、看護師とは全然関係ない仕事をする人もいましたが、一番の理由は職場のストレス。職場内でのパワハラや陰湿ないじめ、患者対応がしんどいなど、心を病んだ人が多かった。

社会人経験のない現役生は、いきなり看護師と言うハードな世界に入ってしまうので、辛い。

社会人

半分は老健施設や規模の小さい病院へ転職していました。中には保育園や日雇いの採血看護師なんて子も。フルタイムからパートへ変更する人もいました。

ちなみにこむたろは、産休&育休でさっそく1年間休んでいます😅

転職しているのは社会人も現役生も変わらないですね。

現役生と比べると、社会人は精神的に病んでいない人が多いです。さすが社会を経験してきただけあります。中には大病院のブラックさを笑いながら教えてくれる子もいました。彼女は今では中小病院で、自分のペースでのんびり働いています。

(まとめ)30代から看護師になっても、たくさん就業先はある

Image by xxolaxx from Pixabay

いかがだったでしょうか。

一度社会経験を積んだ大人は、強いですね。

自分のライフスタイルに合わせて職場を変えて、どんどん突き進みましょう。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました