敏感なHSPさんにおすすめの音楽は、Eテレにあり【おすすめ番組4つ紹介】

Photo by Ben White on Unsplash

こんにちは、こむたろです。

HSP気質の私は、音に敏感です。

(HSPについてはこちらを参照)

大きい音や怖い音は、聞くとテンションが下がります。

でも反対に、心地いい音を聞くと、テンションが上がったり、疲れが吹き飛んだりします。

今回は、音に敏感なHSP気質にオススメする音楽4選です。

結論から言うと、NHK教育テレビが最強!です。

息子のおかげで、Eテレにはまる

「教育テレビって、子供が見るものでしょう?」

わたしもそう考えていました。

4歳の息子が生まれるまでは、30年間まともに教育テレビは見ていません。

「教育テレビ」が「Eテレ」に変わったのも知りませんでした。

そんな中で、息子と一緒に乳幼児向けの番組を見るようになりました。

正直言って、子供向けの番組を一緒にみるのは面倒だな。自分の好きな番組が見たいな。と思っていました。

しかしそれが大間違い。

おかあさんといっしょから流れてきた歌に、号泣してしまいました。

さすが感動気質のHSPですね。

歌詞やメロディが良すぎて、月に1回は泣いています。

気付いたら、わたしの方がどっぷりハマっていきました。

子どもの動きを止める、Eテレの威力

もちろん子どもも、Eテレは大好きです。

どんなに言うことを聞かなかったり、わがままを言っていても、Eテレをつければ立ち止まります

ガッツリ画面を見ます。

歌い出して、踊り出します。

テレビに出てきた内容を、「今日はキリンが出てきたよ!」とキラキラした目で教えようとしてきます。

しまいには、自分の好きな番組の時間を覚えて、時間になったら「テレビを見たい!」と言うようになりました。

おかげで時間を意識した生活をするようになりました。助かるよ、Eテレ!

こんな感じで、子どもも一瞬でEテレに心をつかまれました。

どうしてEテレは最強なのか?

その理由は、Eテレはプロが作った番組だから。

(詳しくはこちらを参考)

ざっくりいうと、Eテレは最新の『児童心理学』や『児童文化論』などの研究結果や、NHKの技術がぎゅうぎゅうに詰め込まれた番組だから。

子どもの心をわしづかみにするポイントが山盛りなんですね。

そして、子どもが好きなポイントは、敏感なHSP気質にも受け入れやすい。

だからEテレの音楽が心に染み渡るんでしょうね。

HSP気質におすすめの、Eテレオープニング曲4選

今回は、番組のオープニング曲に絞って紹介します。

①気づいたら口ずさむ〜「オトッペ 」

【公式MV】「オトッペ」番組OP曲 ”ウキウキオトッペ” ショートVer.

オシャレな歌です。

オープニングがずっと頭に残ります。

「オトッペ  トッペ トッペ トッペ〜♪」が頭から離れません。

中毒性があります。

②くせになる〜「コレナンデ商会」

コレナンデ商会 コレナンデSHOW PR動画

おとっぺ とは違って、ちょっと間の抜けた音楽ですが、これも頭に残ります。

ついつい、「コレ ナ〜ンデ しょうかい♪」と口ずさんでしまう。

これを口ずさむときは、絶対にストレスフリーな時ですよ。

③キレイでワクワクする歌声〜「えいごであそぼ with Orton town」

えいごであそぼ with Orton LIVING IN ORTON TOWN 2019-2020 PR動画
(公式のオープニングなし。冒頭の6秒までが原曲に近い音楽です。)

YouTubeにはテレビと同じ音源がなかったので、詳しくはテレビで見てもらえると…!

ワクワクするような音楽はもちろん、歌っている子供の声がとっても綺麗なんです。

綺麗でのびのびした声を聞くと癒されます。

④Eテレなのにオシャレ 〜「みいつけた!」

これは音のみ。

ジャズ風でオシャレです。かっこいい。

(公式の動画サイトがなかったので、掲載できませんでした)

良い音楽を聞けば、大人も幸せな気分になれる

いかがだったでしょうか。

他にも乳幼児向けの番組が、たくさんあります。内容は子供向けですが、一つ一つの音楽がとっっっっても素晴らしいです。

音楽以外にも、衣装や、舞台、大道具、小道具、カメラ、演出、などなど、最高で最先端の技術を楽しむことができますよ。

子供がいる人もいない人も、ぜひ楽しんでみてください。

ここまでご覧いただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました