食洗機は健康器具だ!と断言できる【3つの理由】

こんにちは、こむたろです。

Image by congerdesign from Pixabay

食器洗浄機、使っていますか?

わが家では食洗機は大活躍。かれこれ5年使っています。

購入前は、「手で洗えるから、いるのかな?」と思っていましたが、使ってみるとその威力に驚き。

手放したくない家電No.1です。

今回は、わたしが大好きな食洗機のおすすめポイントを紹介します。

結論からいうと、食洗機を使うと健康になるから、すぐにでも取り入れた方がいい。です。

体験談を紹介しますね。

わが家が食洗機を導入した理由→食器洗いの負担が大きかった

食洗機をすでに導入されている方は、どんな理由でしょうか?

わたしは元々、食洗機を買おうと思っていなかったんです。

どちらかというと、「10分くらいで洗えるし、高いから買う必要がない」と、考えていました。

けれども、上の子を妊娠してから、考えが変わりました。

妊娠でお腹が大きくなって、食器洗いが辛くなった。

妊娠6ヶ月位からお腹が大きくなってきます。ウエスト90〜100cmぐらいでしょうか。このお腹が邪魔で、洗いにくいんですよね…。しかも、身体が重いので、ずっと立っているのが辛くなります。そしてやや貧血気味で、疲れやすくなっていました。

当時はまだ平日はフルタイムで動いていたので、夕方に帰って夕飯作りや洗濯たたみをします。それからの食後のお皿洗いは、正直しんどくて翌日に回すこともありました。夫も疲れているので、すすんで食器洗いはしません。

「これからますます大変だろうから。」と、ようやく、食洗機を買いました。

食洗機を5年使い続けて、気づいたこと

食洗機の一番のメリットは、やはり食器を洗わなくて済むこと。

食洗機を買ってすぐに、トリコになりました。

たかが10分の家事ですが、それをしなくて済むのがこんなに快適とは思わなかった。

それが1日2〜3回はあるんです!

食洗機のスイッチを入れるたびに、毎回「ああ、楽だぁ〜」と心で呟いています。

そして、5年目の今日、気づいてしまったんです。

「食洗機を使ってから、体の調子がいい」ということに。

その理由を解説します。

食洗機が健康器具である3つの理由

食洗機が健康器具である理由①=食器洗いのストレスがない

まずは単純に食器洗いのストレスがなくなったこと。

  • 1日10分×3回=30分の時間が自由になる
  • お腹がいっぱいでいい気持ちなのに、食後に洗うストレスがない

これはみなさんすぐにイメージしやすいかと。

自分の時間が増えるのと、負担感が少ないというのは、かなり大きいですよ。

心の負担が少ないことが、健康の第一歩です。

食洗機が健康器具である理由②=手が冷えない

10分も食器を洗っていると、指先が冷えます。夏でも食器を手洗いした後はひんやり。

指先が冷えることって、けっこう体の負担になるんですよ。

昔から「冷え」は「万病のもと」と言われています。

身体が冷えるということは、血管が縮まって、血液が回っていないということです。

血液は新鮮な酸素や栄養をからだに運んでいるので、その血液が回っていないと、からだは悲鳴を上げてしまいます。

(「冷え」についてはこちらを参照)

さらに、冷えた身体を温めるのって、体力使うんですよ。

体温が変わると代謝も変わります。熱が出たときをイメージしてみるとわかりやすいです。熱が出ると、汗が出て、身体を冷やそうとします。体重が減ることもありますね。体重が減るということは、それだけエネルギーを使っているということなんです。

それとは反対に体温が下がった場合を想像してください。例えば冷たいプールから上がって、唇が紫色になっている姿。身体がガタガタと震えて、身体が小さくまとまろうとしていませんか?バスタオルに身体を包み込まれるだけで、ほっとすると思います。

この時の震えは、体の筋肉を震えさせて熱を作っているんです。熱を作らないと、身体が死んでしまいます。筋肉が震えている状態なので、とっても疲れるんです。そしてバスタオルで包まれることで、熱が逃げなくなるので、筋肉がゆるむ。だから「ほっ」とした感じになるんですね。

そこで活躍するのが、食洗機!

食器を洗うと、毎日少しずつ手先が冷えます。それを元に戻すのは、時間がかかるし、疲れの元になってしまうんです。

そこで、食洗機の登場ですよ。

食洗機があれば、冷たい水にふれなくて済むから、体力を奪われないんです

食洗機が健康器具である理由③=手が荒れない

水がダメなら、お湯で洗えばいいじゃない?

なんて反対の声が聞こえてきますね。

でも、お湯で食器洗いは、もっとダメです。

お湯で洗うと手が荒れる

手の表面は角質で保護されています。

水で洗うよりも、お湯の方がその角質を壊しやすいんです。

その上、洗剤を使って洗うから、「お湯+洗剤」のコラボである食器洗いは、手荒れの原因。

(詳しい解説はこちらを参考)

手荒れは地味にストレスですよ。

手荒れの3大ストレスはこちら。

  • ふだん目に付く手が、カサカサでアカギレなんかあると、哀しくなります。
  • 傷口に水がしみて痛い。ふだんの手洗いやお風呂などで、地道に痛みがやって来るのがストレス。
  • ハンドクリームを毎回塗るのがめんどう。

そこで活躍するのが、食洗機!

お湯で食器を洗うと、毎日少しずつ手先が荒れます。それを元に戻すのは、時間がかかるし、疲れの元になってしまうんです。

そこで、食洗機の登場ですよ。

食洗機があれば、暖かいお湯にふれなくて済むから、傷を負わないです

(まとめ)食洗機を使えば、家族みんなが幸せになる

いかがだったでしょうか。

食洗機の恩恵は、時間だけでなく手先の健康にも影響する。という話でした。

わたしも実際に使ってみて、思わぬ効果に驚きました😅

コロナになってからは、今までよりも手洗いの回数が増えています。

アルコール消毒の機会も増えていますから、指先が怪我しているのは避けたいですね。

しっかり手洗いできることは、このコロナの中でも健康に生きる自信になります

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました