悩む回数を少なくして、自分の生き方をコントロールしよう

Image by congerdesign from Pixabay

こんにちは、こむたろです。

あなたは、優柔不断ですか?

私は、思いっきり優柔不断です。

レストランに行って、選ぶのに時間がかかります。
予定がない休みの日は、何をして過ごそうか悩んでしまいます。

この優柔不断、実は無意識で、身体を疲れさせてしまうんです。

それじゃあ、どうしたら悩まなくて済むのか?

結論から言うと、悩む回数を減らすことです。

さらに、悩む回数を減らすと、自分の生き方をコントロールできるので、自己肯定感が高まりやすいです。

無意識でも頭を使っているから、何もしなくても疲れる。

勝間和代さんのYouTubeで、「無意識だっていつも考えていることを忘れないようにしよう」という動画がありました。

勝間和代の、無意識だっていつも考えていることを忘れないようにしよう

わたしも驚いたのですが、人間って、無意識の時でも頭を使っているんですね。

あれこれ悩むことって、気づかないうちに脳にストレスをかけています。

悩む回数を減らすメリットと、減らすコツを4つ紹介します。

無意識を止めるメリット

やりたいことに集中できる。

無意識に悩むことをやめると、自分のやりたいことに集中できます。

自分のやりたいことができれば、毎日満足な1日が過ごせます。

やりたいことができるので、いつもの家事が楽しくなる

やりたいことができなかった時は、それがストレスで、家事や育児がさらにストレスでした。

自分のやりたいことができると、ルーティンの仕事が息抜きになるんです。

リラックスして家事や子育てができます。

無意識の回数を減らす方法

わたしが実際に行っている方法を紹介します

食事編

なるべく自炊したい派ですが、毎日の頭を悩ますのが、献立作り。

献立は「お味噌汁+ご飯+メイン」で固定、お味噌汁は具だくさん

献立を固定すると、献立作りに悩みません。

さらに、買い物で買うもののパターンが決まりやすいです。

副菜がなくても、お味噌汁が具だくさんなので、栄養も取れます。

あまり考えなくても、自分の理想の食事が取れます。

昼食を固定化する

昼食は、あれこれ悩まず、冷凍パスタか、冷蔵庫の残りです。

家族がいるお休みの日でも、新しく作りません。
(冷凍パスタがなければ、蕎麦かうどんかパスタの乾麺)

最近は、昼食を食べないでも過ごせるので、昼食自体をやめてもいいかも。

一食分の考えを減らすと、時間が増えます。

衣服、整理整頓編

衣服は3枚に絞る

私は洋服にこだわりがないので、メインの服や下着は3枚で数を絞ります

「着ている服、選択する服、予備の服」で十分。

洗濯は毎日しますが、量が少なくルーティン作業なので、洗剤も同じ量を入れるだけ。

同じ作業を繰り返すだけなので、心理的な負担感がないです。

大量のお下がりも開けないで。

子供服って、種類も小物も多くてかさばりませんか?

ありがたいことに、お下がりをいただくのですが、それも使う分だけ開けたら、残りは処分します。

物が片付けられないから→増やさない&減らす

わたしは、整理整頓も苦手です。

実家が捨てられない家だったので、整理整頓がわからないんですよ。

いろいろな整理整頓を試したけど、続かない。

さらに家族がものを集めたがるんですよね。

家族の行動を変えるのは、かなりエネルギーを使いますが、そこまでの気力はない。

なので、できるだけ、「減らす」。

そして「増やさない」を意識します。

整理整頓ができないことがストレスになるので、できる範囲でいいやと割り切ります。

ブログ編

このブログを書くときも、悩む時間を最短にしています。

①余計なタブや通知は、見えないようにする。

ブラウザのタブや、SNSの通知があると、気になります。

せっかく記事を書いているのに、視界に入ると、なんとなくTwitterをみちゃうんですよ。

集中力も途切れるし、無意識に画面を見ることでストレスもかかっていいことなし。

集中したい時は、余計な物は見えない環境にします。

②文章のフォーマットを作って、埋める

ブログを書く時は「タイトル、本論、結論」といった型に落とし込んでいます。

それ以外の文脈は、悩んでしまうので考えません。

型を作ることで、自分の文章に足りないものも見えてきます。

③朝時間を作る

ブログ記事を考えるのは、一人で集中していないとできません。

早起きを習慣化して、すぐにノートを開いて、ブログの記事を考えます。

習慣にすると、やらないと気持ち悪い体になりますよ

④うまく書けない時は、頑張らないでやめる

頑張ってもストレスがたまるし、納得いく文章が書けないので、やめて、頭を使わない仕事をします。

ルーティンの家事がいい気分転換になります。

ある程度家事をするとアイディアが湧くので、再開すればOK

家事も済ませて一石二鳥です。

(まとめ)悩む時間が少なければ、自分の生き方をコントロールできる

いかがだったでしょうか。

優柔不断の人は、悩む機会を減らしたほうが、ストレスが減ります。

特にHSP気質は感受性が強くて、疲れやすい体質です。

自分のストレスのコントロールが超重要なので、少しでも楽になるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました