【最強の知育】カードゲームは、子どもの成長や家族の会話をふやす

Image by pasja1000 from Pixabay

こんにちは、こむたろです。

わが家は4歳息子がいます。

最近トランプやカルタ、UNOで遊んでいます。

子どもが大人とカードゲームできるの?

もちろん、ルールなんて度外視ですよ。

幼児の発達段階では、ルールを使った遊びができるのは年長さん(5〜6歳頃)からです。

鬼ごっこやこおり鬼で楽しんでいる年代ですね。

だから4歳は、ルールを使うことが、まだ難しい。

だけど、ルールがなくても、

カードゲームは子どもを成長させて、家族のコミュニケーションも増える、【最強の知育おもちゃ】です

わが家の様子とともに、ご紹介します😄

トランプ

神経衰弱はできる

神経衰弱はルールが分かりやすいので、できます。

子どもの記憶力がけっこう良くて、ビビりますよ。

そして、自分の衰えも感じて、いい感じで危機感がうまれます

7並べは、並べるのができる

まだルールはわかっていませんが、並べるのは理解している様子。

でもすぐに8や6を出します。

突然、謎のルールを作ってくることもあります。😅
(同じ数字を持っている人が、持ち札を必ず出さなきゃいけない謎ルール)

カルタ

読み札を読んでも、成功率は半分。

大人と一緒にやって、負けると本気で大泣きします。

(地獄です)読み札と取り札で、神経衰弱

息子が最近気にいっている遊び方。

床に読み札と取り札を裏返して並べます。

床が埋まります。

トランプが52枚だけど、ひらがなカルタだと、100枚よ…

奇跡的に同じカードが出ると、歓声が出ます。

子どもには、平仮名の勉強になります。

そして、俳句カルタは、いい俳句が勉強にもなって、大人にもリラックス効果があります。

わたしは俳句カルタで、まともに俳句に触れました。小林一茶が好き。

UNO

ルールはもちろん分かっていません。

息子は色ごとにカードを並べたり、記号をそろえたりしています。

そろうと結構きれいで、色彩感覚が鍛えられます

ととあわせ

知育カードゲームの一つですね。

魚の漢字を右と左で合わせます。

息子は感じではなくて、イラストで絵合わせしていました。

とにかく魚の名前を覚えます。

水族館や魚売り場で、めちゃくちゃ知ってるアピールをされます。

カードゲームで、家族全員リフレッシュしよう!

いかがだったでしょうか。

ルールをまだ覚えられない子どもでも、カードゲームは楽しく遊ぶことができます。

自分なりのルールを作る姿が、新しい時代を作っていくんだな、と頼もしく感じられますよ。

また、一緒にゲームができると言葉のやり取りも増えて、成長を感じられます

面白いトランプは、大人も学びが多いので、ご当地カルタやトランプもいいですね。

本気でやると、大人もリフレッシュしますから!😀

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました