バウンサーってどうなの?いるの?実際に使って感じた【メリット9つ&デメリット2つ】

こんにちは、こむたろです。

2ヶ月前に赤ちゃんが生まれて、今日も元気に泣いています。

赤ちゃんが泣くと、やりたい事が全て中断されてしまって辛いですね。

それが赤ちゃんの仕事なんだけどさ、ずっとあやすのは疲れたよ〜

そこで活躍するのが、バウンサー

わが家は、ベビービョルンのバウンサーを愛用しています。

バウンサー?なにそれ??効果あるの?

たしかに。

わたしも1人目の時は、子育てに慣れていないので、ほとんどの赤ちゃんグッズが分からなくて困りました。

(カバーオールとか、母乳パッドとか、なにそれ?って感じでした。)

今回はわたしが実際に使ってみて感じた、

「赤ちゃんあやしマシーン、バウンサーの9つのメリット&2つのデメリット」を紹介します。

この記事で、バウンサーを使った生活をイメージしてもらえたら嬉しいです😃

バウンサーって何?ハイローチェアの違いは?

目的が違います

バウンサーは、子供をあやすため

ハイローチェアーは、子供を寝かしつけるため

バウンサーは、文字通り

bouncer、直訳すると「弾むもの」

ですから、弾んであやすんですね。

ざっくりした違いはこちら⬇︎

バウンサーハイローチェア
目的あやす寝かしつける
電源なしあり
使える時期1ヶ月頃〜2歳生後すぐ〜4歳頃
値段安め高め

その他の比較はこちらを参照して下さい。

ハイローチェアは長く使えるのですが、その分高い。

子どもが気に入らなかったら、もったいないな

ということで、バウンサーを選びました。

実際に使って感じた、バウンサーの9つのメリット

夜しっかり寝てくれる

手放しで赤ちゃんをあやせる

赤ちゃんの吐き戻しを予防できる

持ち運びがコンパクトで軽い

ハイローチェアーより安い

電源いらず

床に置けない時に、寝かせられる

汚れても洗濯できる

上のきょうだいでも簡単に使える

吐き戻し予防

わが家の赤ちゃんは、ゲップが苦手で、時間をかけてもあまり出ません。

ミルクの飲みっぷりも良いので、時々大量に吐き戻すことがあります。

ベッドに寝かせると履きやすいですが、バウンサーは少し頭が高くなるので、吐き戻しにくいです。

夜しっかり寝る

バウンサーはあやすのが目的なので、寝かしつけには向いてません。

遊び疲れて寝ている事はありますが、物を落としたりした音で、びくっ!と起きることが多いです。

がっつりは寝てない様子。

昼間はそんな風にバウンサーにいるせいか、夜はまとめて寝てくれます。

ちなみにうちの子は、生後1ヶ月目は3時間は寝てました。完全母乳なのでミルクよりもお腹がすきやすいはずですが、よく寝てます。

生後2ヶ月の現在は、夜は4〜6時間は寝てくれるので、私もまとまった睡眠時間が取れて、助かっています。

お子さんにもよりますが、一番疲れている時期に眠れるバウンサーはありがたい。

手放しで対応できる

一番のメリットです。

赤ちゃんが揺れるとバウンサーが揺れるので、それだけで赤ちゃんは大満足。

たまに大泣きしても、揺らせば落ち着きます。

これを応用して、我が家は洗濯物をたたみながらあやしたり、ご飯を食べながらあやしたり、本を読みながらあやしたり、横になってゴロゴロしながらあやしたりしています。

抱っこするストレスがかからないので、腕も疲れないし、ご飯も家族全員で食べられます。

お母さん一人だけ冷めたごはんを食べるの、哀しいですからね…

上のきょうだいも簡単に使える

上の子も大人のマネして、赤ちゃんを抱っこしたがります。

ありがたいんだけど、4歳には危なくて抱っこさせられない。

そんな時に活躍したのがバウンサー。

自分で抱っこができない4歳の息子も、赤ちゃんが泣いていると、まずはバウンサーを揺らしに行きます

最初は力加減がわからなくて強く揺らすので、親が見本を見せましょう。

慣れてくると、赤ちゃんが泣くとゆらしてくれます😀

自分以外の人が赤ちゃん対応してくれるのって、とても楽です。

上の子が可愛がってる姿をみるのも、癒されますよ😍

バウンサーの2つのデメリット

使える期間が短い、かも。

バウンサーは、生後1ヶ月〜新生児期から、2歳まで使えるのですが、実際はもっと短いかもしれません。

なぜって、子どもが動けるようになると、大人しく座ってくれないから

お子さんにもよりますが、上の子は特に自分からズルズルとずれ落ちていました。

ベルトをしていても、動きが出てくると乗り越えてくる可能性もあって、怖いです。

おむつから、うんちがはみ出る恐れあり

お尻が座った状態なので、うんちが大量に出ると、背中からうんちが漏れることがあります。

洗濯はできますが、その間はバウンサーが使えない

(ただし、当時使っていたおむつが、背中もれが多かったのも原因です。今回は背中もれが少ないと評判のオムツを使ってみました。今のところ背中もれはしていません。)

体も心も疲れている産後こそ、バウンサーを使っていたわろう。

いかがだったでしょうか、

産後直後や産褥期は、周りも気にかけることが多いんですよ。

育児が大変って、よくニュースにもなってるし、検診も増えてきましたし。

でも、育児が慣れても、身体はまだ完全回復していません。

赤ちゃんの体重も増え、家事や日常生活が増えてきている時こそ、お母さんが疲れをためやすい

でも、周りもその疲れに気付きにくいです。

そんな時期だから、バウンサーや育児お助けグッズを使って、疲れをためないようにしましょう!

赤ちゃんの笑顔は、お母さん、お父さん、家族みんなの笑顔があってこそ😀

自分が元気だと、赤ちゃんの泣く声も可愛く聞こえます。

忙しい毎日ですが、その中でゆっくり自分をいたわっていけるといいですね。

ここまでご覧下さって、ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました