安いA型ベビーカーはどうなの? オススメを紹介

Photo by Sandy Millar on Unsplash

こんにちは、こむたろです。

7月に子供が生まれて、はや2ヶ月。

お出かけする機会も増えてきました。

そこで気になるのがA型ベビーカー。

あれば便利だけど、高いのがネック。

安くても1万円台からなのに、
ほんの数年しか使えないんだなぁ…

ただでさえ、お金がかかる育児なのに、この出費はけっこう痛い。

わたしは今回二人目なので、いらないと思っていましたが、急なお出かけがあり、あわてて買いに行きました

やっぱり、あってよかったです。

早めに準備しておけばよかったと後悔しました。

そこで、A型ベビーカーを安く手に入れる方法と、使った感想を紹介します。

はじめてのお子さんで、A型ベビーカーがいるのかどうか、悩んでいる方の手助けになれば幸いです。

そもそも、A型ベビーカーが必要か? チェックしよう

まずはA型ベビーカーとB型ベビーカーの特徴をさっくり紹介します。

A型の特徴

  • 新生児から3歳位まで使える
  • 新生児向けのベビーカーは外出先に揃っていないことが多いので助かる
  • 値段が高い
  • 重い
  • 大きい、かさばる、邪魔になる
  • 生後6ヶ月くらいからは、B型ベビーカーが使えるので、活躍する期間が短い

B型ベビーカーの特徴

  • 腰が座る生後6ヶ月から使える
  • 安い
  • 軽い
  • コンパクト
  • 1歳頃から歩き出すので、使わなくなる可能性もある
  • ショッピングセンターに行けば、お店に揃っていること多いので、要らない場合がある

そもそも、自分がベビーカーを買うべきかチェックリスト

A型ベビーカーを買うか悩む前に、そもそもベビーカーを買うべきかチェックしてみましょう。

該当する項目が多い場合は、ベビーカーの検討をオススメします。

  • 自分の荷物は多いか?
  • 自分は疲れやすいか?
  • 上の子は、まだお世話が必要か?
  • 外出先に、段差やガタガタ道、舗装されていない道は少ないか?
  • 外出先に、スロープやエレベーターがあるか?
  • 玄関周りに、ベビーカーをしまう場所はあるか?

わたしは、自分が疲れやすいのと、4歳息子のお世話で赤ちゃんを横にしておくことがあるため、A型ベビーカーは必要でした。

この時点でチェックリストに該当しない方は、そもそもベビーカーはいらないかも

やっぱりベビーカーが必要なら、まずは中古を探してみよう

新品は高いので、抵抗感がなければ、おさがりやリサイクルがおすすめ。

ただしそれぞれに、メリット&デメリットがあります。

おさがりの場合

  • 現物を見られない、可能性あり
  • お礼をどうするか悩む
  • 今後の付き合いをどうするか悩むことがある

気軽にもらえる環境なら、一番いいでしょうが、値段がないからこそ、お礼に悩みます。

悩むタイプのわたしは、ありがたいんだけど、ちょっと受け取りにくい。

けれども、逆の発想で、子育ての相談相手になってくれたり、今後もお下がりをもらえる可能性があり、とっても心強いです。

(もちろん、その度にお礼をどうするか悩む可能性もありますけどね)

メルカリやヤフオクの場合

  • 現物が見れない
  • ベビーカーの値段が安くても、送料が最低2〜3000円はかかるので、割高になる可能性あり。

ただし、出品者が近所で、取りに行ける場合は、値引きできるかもしれません。出品者にとっては、梱包するだけでも大変ですからね、

リサイクルショップで買う

  • 現物を見られる
  • 新品とあまり値段が変わらない場合がある

個人店からチェーン店まで、個性豊かなので、いくつかお店巡りをするのがオススメ。

わたしは自分の生活圏のリサイクルショップを4軒のぞきました。

ベビーカーが多い店、キレイな品物が多い店、なんか暗めでジメジメしている、など自分にあう雰囲気のお店が見つかるといいですね。

品揃えや痛み具合を見ながら、ベビーカーを使った後にそのお店で売れるかどうかもチェックします。

お店巡りは、身軽なうちに行くのがとにかくオススメ!

わが家はリサイクルショップで買いました。

見つけたのはJoie Aireskip

定価16,800円ですが、リサイクルショップで6000円ほど。

ちょっと破れがありますが、問題なく動きます。

説明書はプリントアウトしたものが付いてきました。

6,000円なら使いつぶしてもいいし、きれいに使ってまた中古で売れたらラッキーです。

とはいえ、リサイクル品が嫌なら、新品の安いベビーカーを選ぼう

A型ベビーカーは10,000円から100,000円ほど幅のある商品です。

10,000円台と安いベビーカーを買った体験談をご紹介します

Joie Aireskipの おすすめポイント&イマイチなところ

おすすめポイント

  • A型ベビーカーの中では安い
  • 軽い(およそ4.4キロ)
  • スムーズに動く
  • カバーを洗濯できる

A型ベビーカーのデメリットである、値段と重さをクリアしているところがいいです。

赤ちゃんは新陳代謝が激しくて、汗をかきやすいので、カバーを洗濯できるのもよし。

イマイチなところ

  • 片手で折りたためない

赤ちゃんの首が座らないので、子供を一度どこかに寝かせないと片付けられません。

お座りができるようになったらまだ楽になるかな。

  • 大きい、かさばる

これはA型ベビーカー全てに言えるのですが、とにかくデカイ

リサイクルショップの店員さんも「大きいからみなさんの早めに売って、B型に買えちゃうんですよ」とのこと。

でかいと生活しづらいのです。

だから、

混んでるバスや電車で乗る時などは気を使います。

片手でたためないし。

わが家は車で生活できるので、バスや電車に乗るのをやめました。

  • 自分の車に乗らない場合があるので要注意。

わが家はコンパクトカーを利用しています。

上の子の時は、後部座席のチャイルドシートの横にベビーカーを置けました。

けれども二人の子どもがチャイルドシートを使っているので、車に乗せられなくて焦りました。

後ろのトランクのフタをとって、斜めに入れたらなんとか入って一安心。

ワゴン車などの、大きな車だったら問題ないです。

  • 地面から50センチ以内の高さある

A型ベビーカーの特徴で熱が高い50センチ以内はやめようと言う判断がありますが、確かに暑い時期は気になる。

ただしうちはこれから外出するので、半年以上は暑さが気になりません

そしてそもそもそんなに暑い時期は、外出しません。

総合的に判断して、Joie Aireskipは、いい買い物でした。

大きくて不便なのは、A型ベビーカーすべてに当てはまります。

1万円台で、軽いので持ち運びもしやすいので、とても良い買い物でした。

(結論)一万円台のベビーカーでも、問題はないです。

いかがだったでしょうか、

ただでさえ、お金のかかる育児。

お金の心配を少なくして、子どもや自分に使えるといいですね

ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました