サイゼリヤの「まちがいさがし」が難しすぎて、大人でもやみつきになる話

Image by Steve Buissinne from Pixabay

こんにちは、こむたろです

わが家は時々サイゼリヤに行きます。
先日も家族全員で行ってきました。
コロナの影響後ははじめて訪れます。

久しぶりのサイゼリヤは
「やっぱり好きだなぁ」と再確認😊

今日は独断と偏見に基づいて、
私が感じるサイゼリヤの魅力を3つ
勝手にご紹介します。

(1)美味しくて安い

言うまでもないですね。

下手にファミレス行くよりも美味しい。

この味であの価格は安いです。

ちなみに、わが家は
オリーブオイルをかけまくります🍝

サイゼリヤのオリーブオイルは、
日本のオリーブオイル輸入量の5%
占めるそうです。
夫が自信満々に教えてくれました。

それだけ輸入されていれば、
毎回新鮮なオリーブオイルを
楽しんでいる
ということです。

お肉やサラダやパンやピザ、
とにかく何でもつけて楽しめます。

また、

ニュースで話題になったので
ご存知の方も多いですが、
サイゼリヤは価格を1円値上げして
計算しやすくなりました。

最初は見慣れなかったので、
あれ高いかな?
と錯覚しました。

けれども、計算がしやすいです。

今回のお会計も2800円と、
ちょうど切りの良い数字。

小銭を出す時間も少なくて楽々でした。

わり勘したいときは便利ですね。

ちゃっかり値上げしているのに、
それが便利と感じさせるところが
サイゼリヤの魅力です。

(2)コストカットを堂々としてくる

別にディスってるわけじゃないですよ!

コロナの影響で、メニューが記入式になっていました。

メニュー番号を記入して、
店員さんをよんでメニューを
復唱してもらい注文完了。

客がメニューを注文する時間が減って、
人件費が減ります

客側の手間は増えたけど、
堂々とやるところが
清々しくて気持ちがいいです😆

お子様メニューが、パスタ&ポテトの一択

コロナ前は、お子様メニューに
お肉とかあったと思うんですが、
パスタ&ポテトの一択になりました。

お子様はメニューは有無を言わせません。
強気ですね👍

スープもついてきますが、
サラダかドリンクバーを
付けてほしいのが正直なところ。

結局、お子様ドリンクバーも
追加でつけて600円となり、
以前より割高感があります。

けれども、
お子様メニューを1択にすることで
人件費が減るんだと思うと、
それもまた清々しいです。

クレジットカードに対応していない。

近所のサイゼリヤは必ず現金のみです。

それが安さにつながっているわけですが、
クレジットカードに慣れた私にとっては
ちょっと不便

でも、ずっと現金支払いを維持して、
世の中のキャッシュレスの流れに
乗らないところ
は、清々しいです。

いろいろ文句を言ってきましたが、
それよりも好きの方が大きいのですよ。

恋した方が負けです🤗

(3)「まちがい探し」が難しすぎて、大人でもやみつきになる

お子様メニューの裏にある「まちがい探し」。

大人が本気で探しても、
10個のうち7個ぐらいしか見つかりません。

家族全員でやっても1時間はかかります。

今回は奇跡的に9個で見つかりましたが、
最後の10個目が見つからず、
しぶしぶネットでカンニングしたところ…

「これは絶対見つからないわ!!」
とツッコミたくなるレベルの違いでした😡

誤植かと思いました。

先にカンニングした夫に、
間違っている場所を教えてもらっても、
見つけるのにしばらく時間がかかるレベルです。

この難しさが中毒になります。

サイゼリヤ恐ろしい!😱

おそらく、これがお子様レベルの
簡単な間違い探しだったら、
ここまでハマりません。

まだやったことがない方は、
ぜひお子様メニューの裏側を見てください!

サイゼリヤの「まちがいさがし」が本になってました!

本屋で見かけたときはびっくり。

思わず衝動買いをしました。

驚いたことに、夫も同じタイミングで
同じ本を買ってきていました😅

わが家はサイゼリヤに、
何か引き寄せられているのか…?
(注※関係者はいません)

さすがに2冊あっても困るので、
サイゼリヤ好きの友人にプレゼントしたら
好評でしたよ。

後に答えが載っているので、
見ない方が楽しめます👍

本の紹介はこちら

サイゼリヤでおいしく楽しく過ごそう

いかがだったでしょうか

勢い余ってサイゼリヤの愛を語りました😆

毎日の育児や家事で大変なので、
たまにはサイゼリヤで
ゆっくり過ごすのが楽しいです。

オススメは青豆温サラダです。

ちなみに場所にもよりますが、
赤ちゃん連れはピークタイム以外に行くと
お店がガラガラで気楽です。

ここまでご覧いただきありがとうございました😀

コメント

タイトルとURLをコピーしました