初めての予防接種 持ち物や流れは?体験レポート

Photo by Charles Deluvio on Unsplash

こんにちは、こむたろです

先日下の子が2ヶ月になり、
初めての予防接種に行ってきました。

久しぶりで忘れていることも多かったので😅
持ち物、3つのポイント、当日の流れを紹介します。

予防接種の持ち物

  • 母子手帳
  • 問診票
  • 病院の診察券(当日病院の受付で作りました)
  • 健康保険証、子ども医療費助成券(すでに届いて入れば持っていきます)
  • 現金(2〜3万多めにあると安心)
  • オムツ、おしりふき、ビニール袋×半日分
  • ミルクセット(私は母乳なので不要でした)
  • スリング(抱っこ紐)
  • ベビーカー(あれば楽です)
  • 服装は脱ぎやすい服で(両腕や太ももをすぐ出せる服)

持ち物は必要最低限にしました。

何かあった時のために、
現金と健康保険証があった方が安心。

待ち時間がかかってぐずった時は、
スリング(抱っこ紐)が活躍します。

病院の待合席が狭くて
座れないこともあるので、
ベビーカーで行きました。

なるべく抱っこしないようにして、
疲れないように気をつけました。

スリングはこちら (我が家はババスリングを使っています)
A型ベビーカーはこちら (我が家はjoieを使っています)

予防接種の3つのポイント

(1)予約は早めに

人気の小児科は予約が埋まっていることが多い

出産後にすぐ予約を取るのがおすすめです。

病院によって、全ての予防接種に
対応していないところもあります。

予約の取りやすいところ、
クリニックや病院など、
相性の良い病院を見つけられればいいですね😀

ちなみに我が家は出産した病院と小児科が併設されており、
近所のためそちらを利用しています。
予約激戦区なので、早めの予約必須です。

予約はなるべく一番がオススメ

待ち時間が多い病院だと、
予約しても時間通りに
呼ばれないことがあります。

授乳や赤ちゃんの機嫌を取ることが大変なので😅
待ち時間がかからない
朝イチ午後イチの予約がオススメ

何を打つかは病院に聞けば教えてくれます

最初の予防接種は何種類もあるので
どの組み合わせがいいのか悩みます。

予約時に病院に聞けば、
大体おすすめの接種方法を教えてくれます。

例年10月頃からインフルエンザの予防接種もあるので、
合わせて聞いちゃいましょう。

(2)予防接種のついでに、気になることは聞いちゃおう

当日は基本的に予防接種だけです。

けれども、
何か体調面で気になることがあれば
医師に尋ねるチャンス。

赤ちゃん連れでは
病院に行くのも一苦労なので、
この機会を利用しましょう😀

ふだん赤ちゃんの体調を見慣れている人が
連れて行くのがベターです。

(3)予防接種当日は予定を入れずにリラックスしよう

ごくまれに予防接種後に体調が変わることがあります。

体調を観察するためにも、
当日は他の予定を入れない方がいいです。

そしてお母さんも
久々の外出で疲れていることが多いので、
ゆっくり休んだ方がベター🙂

予防接種の流れー体験レポート

出産退院後ー予約します

私が利用している病院は人気なので、
産後すぐに予約。

予防接種を打つ順番は
教えてくれたので、
おすすめ通りの注射を予約

インフルエンザの予防接種は
10月すぎてから連絡して下さいとのこと。
ちょっと冷たい感じ😧

というわけで今回は、
Hib・肺炎球菌・B型・ロタを接種します!

前日ー問診票を書く

初回は数が多く、時間がかかります。
同じ内容だからどうにかならないかな、と思いつつ😅

病院での時間ロスを避けるために、
体温以外の項目は
前日までに書くのがオススメです。

当日(予約は9時00分です)

7時ー検温や体調チェック

いつもと違う、体調が悪ければ延期します。

健康な状態でも副作用が起こる可能性がある予防接種です。

無理は禁物🙂

8時00分ー授乳

ロタワクチンは口から飲ませるワクチンのため、
満腹になりすぎない程度に授乳します。

8時45分ー出発

9時00分ー病院着、受付

受付後は控え室に移動。

医師が注射しやすいように、
衣服を脱がせて両手両足が
すぐ出せる状態にして待ちます

9時15分ー予防接種(Hib・肺炎球菌・B型)

呼ばれました。いよいよです。

親は赤ちゃんの片腕と両足を抱きかかえるので、
アクセサリーなどでジャラジャラしない服がよいです。

普段はニコニコの赤ちゃんも、
さすがに注射されると

「オギャーーー!!」

正直言って、
ここが精神的に一番疲れるところ。

心が痛みますが、
「病気になって苦しむよりは、
 今痛みに耐えてくれる方が良い」

と自分に言い聞かせます。

注射する前に
「今からチックンするよ。
 頑張ろうね。
 お母さんも一緒にいるよ。」
一声かけた方が、良心が痛みにくいかも😅

辛いことよりも、
注射を頑張ったことを評価できると、
心が軽くなります。

さて、

泣き叫ぶ声は大きいけど、
抱っこしてしばらくすると
落ち着いてきます。

落ち着いたらロタワクチンを、
医師が口から飲ませてくれました。

原液を吐き戻さなければOKです。
(粘稠度が高いので、飲みこみにくいそうです。)

終了後は、軽めに授乳して胃に流しました。
たくさん授乳すると吐き戻しやすいので、軽めがおすすめ。

せっかくのワクチン、
もったいないですからね😅
ちなみにうちの子はギリギリ、ロタが自費でした。
約3万円の出費は痛い

9時45分ー経過観察のため30分待機

注射後は急な状態変化がないかを調べるため、
30分病院にいるように指示されました。

これは病院によって待機指示があるところ、
ないところがあると思います。

赤ちゃんの衣服を整えて授乳したら
あっという間に30分は経っていました。

待合室が狭く、他の患者さんで埋まっていました。
感染予防のためベビーカーに乗せて
なるべく離れていました。

ちなみに、

今回は4歳息子も一緒にいたのですが
彼の遊び道具を忘れてしまいました😅

今はコロナ対策で
病院貸し出しのおもちゃが無く、暇そうでした。

上の子がいる場合は
上の子のおもちゃやお菓子など、
静かに過ごせるものが必要
ですね。

10時15分ー会計

無事会計、なんですが

初めての予防接種で安心してしまい、
次回の予約をすっかり忘れてました。

帰る時に次回の予約を忘れずに!

後日電話で予約しました😅

10時30分ー帰宅

その日は家で過ごして、
赤ちゃんの体調変化をチェックしていました。

幸い何も起こらず、ホッとひと安心。

私も疲れたみたいで、
授乳以外は昼寝状態でした。
家事もする気力がおきず、
夕方はファミレスで済ませました😅

初めてだから、余裕を持ったスケジュールを!

いかがだったでしょうか。

最初の予防接種がすむと、
外出する自信にもつながります。

これをきっかけに、
どんどん外に出られたら
気分転換にもいいですね。

予防接種は生後半年くらいまで、
毎月続きます。

しっかり準備して、
当日スムーズに受けられるためにも、
この記事が参考になれば幸いです。

もちろん、まずは無理せず、体調第一です。
数日ずれても大差はありません。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました🙂

コメント

タイトルとURLをコピーしました