赤ちゃんとはじめての旅行!おすすめの持ち物と苦労しないためのポイント3つ

Photo by Luke Michael on Unsplash

こんにちは、こむたろです。

先日下の子が産後2ヶ月目になり、
はじめての旅行に行ってきました。

一泊二日の車旅行とはいえ、
完母で夜間授乳もあったので
無事に過ごせるか不安がありました
😰

しかも、4歳息子もみなくちゃいけない。
夫もいるとはいえ、「大変そうだな」と
行く前から少し憂鬱でした。

でも行ってみて、意外に楽しかったです😅

そして思った以上に、
母親である私にいいことづくしでした。

おすすめの持ち物と、苦労しないための3つのポイントを紹介します。

持ち物は最小限で、疲れにくくしよう

旅行は車で3時間程、一泊二日です。

赤ちゃんの持ち物はこちら

  • オムツ、おしりふき、ビニール袋×2日分
  • 着替え1セット
  • 母子手帳は写真に撮る
  • スリング(抱っこ紐)
  • ベビーカー

荷物はとにかく最低限に絞ります。
「荷物が重い=疲れる」直結です。

私は完母なので、ミルクがありません。

母子手帳は意外に重いので、
スマホに撮って保存してます。

スリング(抱っこ紐)は大活躍でした。
ベビーカーで移動しにくいところも多く、
泣き止ませる時も活躍。
スリングだと授乳ケープにもなり、一石三鳥でした。

ベビーカーはA型。
スリングは便利だけど疲れてしまうので、
ベビーカー移動ができれば疲れもなくて最高です。
我が家の車にはA型ベビーカーが入らず、
車輪を抜いてからトランクに収納していました。
そのためつけ外しが面倒で未使用でした。

これに自分の荷物や上の子の荷物が加わります。
(上の子はリュックにおもちゃを詰め込むので荷物が増えます😓)

荷物が重いと疲れてしまい、せっかくの旅行を楽しめなくなります。

とにかく身軽にしましょう。

スリングはこちら (我が家はババスリングを使っています)
A型ベビーカーはこちら (我が家はjoieを使っています)

はじめての旅行で苦労しないためのポイント3つ

旅行に行く前の不安が、こちら

  • 遠出が久しぶり(産前産後の5ヶ月は近所しかお出かけしていませんでした。コロナの影響で自粛モードだったし)
  • 車で3時間の道のり
  • 運転中の赤ちゃんの泣き声が苦痛
  • 授乳中のため疲れやすく、疲れると乳腺炎リスク
  • ホテルは乳児対応しているか

赤ちゃんの泣き声や授乳対応が一番の不安でした😰

そこで、
苦労しないためのポイントを3つ挙げて
実践してみました👍

  1. 移動は、赤ちゃんの授乳タイミングで。
  2. 休憩は、授乳室があるところで。
    →道の駅や施設を探す。
     なければ授乳ケープなどで授乳の練習をする
  3. 自分の休憩も忘れない

あとは行ってみるのみ!

実際の旅行の様子を紹介しますね。

授乳しながらのはじめての旅行はこんな感じでした。

13時 出発 

15時 休憩、授乳室のある道の駅で授乳

17時 ホテル着、部屋で授乳。
   夫は先に温泉に行き、
   授乳後に赤ちゃんを夫に預けて温泉へ

18時 食堂で夕食。
   テーブルの隣にベビーベットを
   用意してもらいました。

コロナ対策で普段はビュッフェスタイルのところ、コース料理。
座っているだけで良いので、子連れにはありがたいです。

味も美味しいんだけど、サービスを受けられたことが凄い幸せでした。

隣で4歳長男はお肉しか食べてないけど今日は許す!

娘も泣きださず、一安心。
でしたが、
食後のデザートで動き出したのが気になり、
食べた気がしませんでした。

食事は出来れば個室が気楽ですね。

ちなみに4歳息子は先に食べ終ってしまい、
落ち着きがなくなったので絵本やおもちゃを
持っていくと良かったです。
外食が久々すぎて、上の子の対応忘れてました😓

20時 部屋に戻るとお布団が敷かれていて、それも幸せ。
約半年外出してなかったから、
サービスをしてもらうのが幸せでした。

トランプ好きの息子と神経衰弱。
去年は出来なかったけど、
4歳だとちゃんとルールもわかってました。
意外に記憶力あって、良い勝負。

遊んでいる間に、
夜間授乳のため動線や照明の確認をします。

普段は夫と別室で寝ているので、
電気をつけて授乳します。
けれど今回は同じ部屋なので、
照明をガンガンつけるわけには行かない。

明日運転がんばってもらうためにも、
なるべく起こさない配慮してました。

22時 消灯

和室なので川の字で寝ます。
(洋室の場合はベビーベッドがあるか、確認すると良いです)
赤ちゃんの横に寝て、
モソモソしたら目が冷めるので、
隣の部屋に移るようにしました。

3時、6時にモソモソ動き出したので授乳
(夫も息子も起きなかったので一安心)

6時の授乳後、家族全員寝てるので、1人露天風呂へ。

久々のひとり時間です。

家にいて一人でお風呂に入っていても、
泣き声が耳に入るだけで気になります。
だから、本当にリフレッシュ。
朝の木漏れ日の中で入る露天風呂は最高でした😍

旅行に行った時こそ、一人の時間を作ることが最高の贅沢になるかもしれません。

8時 朝食へ

朝ごはんもワンプレートで楽々でした。

朝もベビーベッドを用意してもらったのですが、
終始ふがふが泣きそうなので、
抱っこ紐で抱えながら夫と交代で食事でした。

肩こるし、赤ちゃんの頭に熱いスープを
落としては行けないので食べにくい

他にも同じ月齢の赤ちゃんを連れている家族がいて、
家族交代で抱っこしていました😅

食事は抱っこ紐と人手があったほうがいいですね

11時 チェックアウト前に授乳

動物園へ移動。
貸し出しのベビーカーは
首が座ってから用だったので使えませんでした。
首がすわる前のベビーカーはなかなか無いので、
家から持っていくのが無難ですね。

園内バスがあったので、
隣の席に赤ちゃんを置いて
ゆっくり座りながら動物を見てました😊

コロナ対応で座席の間隔が空いているので、ゆったりと座りやすいです。

13時 4歳息子のリクエストで温泉へ移動

私はそこまで温泉好きではないので、
夫に息子を預けて赤ちゃんと休憩室で待機。
軽く仮眠も取りました。

やはり休まないと、乳腺炎が怖いです。

授乳室がなかったので車内で授乳。
スリングを授乳カバーがわりにしました。

14時 昼食 大人も休憩

15時 現地出発
   息子も赤ちゃんも爆睡しているので、
   行けるところまで車を走らせます

17時 運転中に赤ちゃんが泣き出したので、
   近くの道の駅に停車。
   授乳室がなかったので、ここでも車内で授乳

20時 無事帰宅しました。

無事に事故もなく、
乳腺炎になることもなかったので一安心です😀

(結論)赤ちゃんとのはじめての旅行は、お母さんに良いことづくしでした

いかがだったでしょうか。

赤ちゃん中心の旅行にはなりますが、
旅行にいけて良かったです。

普段食べられない美味しい料理やサービス、
一人で入る露天風呂は産後のご褒美でした✨

でも一番良かったのは、

赤ちゃん連れでも外出できる自信がつくこと

旅行ができれば、
ちょっとしたお出かけのハードルも下がります。

そして、休憩するために
夫も息子も家族全員で協力してくれたことが
嬉しかったです。

赤ちゃんとの初めての旅行、イメージがつけば幸いです。

ここまでご覧頂きありがとうございました😀

コメント

タイトルとURLをコピーしました