HSPは敏感だからこそ、幸せを感じやすい体質かも。

こんにちは、こむたろです。

最近HSPについて知り、こむたろは中度のHSPでした。

さらに詳しく知るべく、手にした4冊目はこちら

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) の教科書 (シリーズ こころの教科書)(上戸 えりな 著 2019)

本書では
”HSPだからこそ、自己肯定感を癒す重要性”と、
”非HSPの多い社会でもバランスよく生きるコツ”
を具体的に説明されています。

沖縄の方だからでしょうか、
文体がとても優しくて穏やかで
読んでいるだけで癒されます😊

HSP気質は幸せを感じやすいお得な体質かも、と思える一冊です。

自分の共感ポイントを紹介しますね。

HSPだからこそ、”自分が傷つけた自分”を癒そう

・HSPだからこそ、自分を癒やしてあげるということは、自己肯定感を上げるためにも大切

・自分の意志や考えを押し込んでしまったままでいるのは非常にもったいないことです。
 自身の答えや選択を、また、「○○したい」という
 湧き上がる感情を大切にすることは、自己肯定感を高めることに繋がります。

自分がHSP気質だと知ったとき、
ほっとしました。

そんな方、多いのでは?

今までの生きづらさの原因がわかり、
嬉しかったです。

休みたい時は休んでいいんだ、
嫌と感じることは避けてもいいんだと、
許せるようになりました。

この感覚がとても心地よかった😊

休んでいる自分を受け入れることが、
自分への癒しになりました。

そしてこのブログを始めた事も、
癒しになっています。

だって、
自分の感情を思い切り出していますから

このブログを始めた頃は
出産予定日も近くて体がきつく、
上の子もいてコロナで誰も頼れなくて、
正直言って結構ハードな状況でした。

昔の私なら
「こんな事している場合じゃない」と
自分を責めていたはずです。

でも二人の子どもを見ながら、
自分のペースでブログを書くことが、
今の自分にはとても合っています

「子育てで忙しいから」と言って
理由をつけてやらなかったら、
無意識のうちに自己嫌悪に
なっていたと思います。

今まで、そんな経験山ほどしてきました。

だからもう、自分の心の声を大切にしたいです。
こんな時はアンパンマンマーチの歌詞が心に響きます😂

「何が君の幸せ 何を見て喜ぶ わからないまま終わる そんなのは嫌だ」

気になった事は、やらない方が後悔する。

それだけは私の直感が教えてくれます。

HSPは少数派だけど、悪いもんじゃない

HSP気質を知って、
自分なりにストレスの少ない生活を
送るようになりました。

今は人生で一番ストレスフリーです😄

けれどもその反動で、
「非HSPの世界では生きていけない」という、
マイナスイメージを作ってしまいました。

我ながら、極端ですね😅

そんな中で下記の引用部分は、「なるほど」と納得。

・HSPは外の世界に関わりを持ちすぎたり持たなすぎたりせず、 バランスを取ることを学んだほうが良い

極端に捉えるのではなく、グレーゾーンと言われているような、白に近い黒、黒寄りの白、といった極端ではないゾーンでの考え方を身につけることで、HSPでない人たちと社会でうまくやっていけるようになることが、 より充実した日々を過ごせることに繋がります。

そう。

バランス!

バランスなんです。

HSP気質の自分が嬉しくて、
HSPの世界だけ見ていられたら
幸せかもしれません。

でも、世の中では少数派なのが現実。

ここを悲しんでも、
自分では解決できないからしょうがない。

諦めがつくと、すっきりします。

私にとって大切なのは、
・できないことがあっても自分を責めすぎない。
・相手に自分の状況を言葉で伝える
ことかな。

日本語ができない人に
日本語ペラペラを強要しません。

それと同じように
非HSPの方を、気質が異なる人だという前提で捉えると、
疲れにくくなりそうです😀

HSPはこだわり過ぎるから、ある程度できれば自分を認める

・時に、答えを求めすぎて、気付けば深く掘り下げること自体に熱中してしまい、本来自分が求めていた答えはほぼ見つかっているのに、掘り下げることが目的のようになってしまうことがあります

本書ではバランスを取る具体的な方法を紹介しています。

掘り下げることが目的になるって、あるあるでした😅

だから、いつまでも終わらない。
そして、終わらないことが自己嫌悪になるんですね。

対策として、
最近は完璧主義をやめて、60点主義にしています。

60点分できれば、「まあいっかー」と自分を許すだけです。

やってみると思った以上に気楽だし、
サクサク物事が進めるので楽しいです。

私にとってこれが、
著者が述べている「バランスを取る」ことみたいです。

(結論)HSPは敏感だからこそ、幸せを感じやすい

いかがだったでしょうか。

著書では他にも
具体的な考え方を紹介されています。

敏感すぎる自分の気質を、
しっかりと捉えること。

良いエネルギーなら活かし、
悪いエネルギーなら休息をとる。

エネルギーの使い方をバランス良くとれば、
自分の幸せを見つけやすいかもしれません。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました