自信を持って、「優しい気持ち」を発信していこう

こんにちは、こむたろです。

最近HSPについて知り、こむたろは中度のHSPでした。

さらに詳しく知るべく、手にした2冊目はこちら

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち(イルセ・サン、 枇谷玲子 著)

著者はデンマークの心理療法士。

科学的データを踏まえているので信憑性があります。

結論は、自信を持って優しい気持ち」を発信していこうと思える優しい一冊でした。

自分の共感ポイントをまとめて紹介しますね。

感受性が強い脳だから、自分ではコントロール出来ない

・HSPという概念は、アメリカの精神分析医で学者のエレイン・アーロンによって、1996年に提唱

・CTスキャンを撮り、その結果、ミラー・ニューロン・システムを含む、共感を司る脳の領域がほかの被験者よりもHSPのほうがより活発

・HSPは、不快な音やにおい、視界に入ってくるものを気にせずにはいられません。               

・たとえば花火。空に打ち上げられた花火は、見る分には芸術的でいいのですが、否応なく耳に入ってくる大音量の爆発音が、HSPの神経を乱します。HSP向け講座や心理セラピーの場で、「敏感すぎることで経験した一番悪かったことは何ですか?」と尋ねると、その答えに「花火」が挙がることも珍しくありません。その「バンバン」という大きな音は、まさに地獄からとどろく騒音のように思える

人によって敏感な部分は大小異なりますが、私はとにかく音が苦手でした。

だからこの引用部分がよくわかります😰

運動会のピストルが苦手でかけっこのスタートは常に出遅れてました。

食器が落ちる音やサイレンも苦手。

花火は一番苦手で、大きな「どん!」という音は心臓に悪いです。

ため息が出ます。

でも家族が好きだから見ないわけにもいかず、耳栓しながら、いつ音がなるか身構えるために花火を凝視していました。

近所の花火大会は1時間くらいあるので地獄でしたが、来年からは自分のストレスを避けて遠出しようと思いました。

自分でコントロール出来ないなら、避けるしかないですね。

強い刺激は自分も傷つける

恥ずかしながら私は、ストレスを抱えると逃げる癖があります。

一人カラオケで発散するくらいなら可愛いもの。

仕事でも人間関係でも逃げられるものはシャットアウトすることに抵抗感がありません。

逃げられない環境なら、暴飲暴食して何も考えられないようにします。

・HSPは不穏な空気を感じ取ると、責任をとらなくてはならないと思い、すぐにどうにかしようと頑張りすぎてしまい…

・HSPは過度に刺激を受け続け、「引き返す」という選択肢を取ることができないときには、鬱になるか、怒りを爆発 させるか、対処しきれないその状況から抜け出そうと何かしらの衝動的な行動に出ることがあります。たとえば、仕事を辞めてしまうとか、友だちと縁を切るとか、実家に電話をして年老いた両親を怒鳴りつけるとか、アルコールを過剰に摂取するとか、暴飲暴食に走るなどです。 

まさに自分のことが書かれていました。

良くも悪くも刺激が強いことは自分ではコントロールできないんですね。

いい意味で諦めがつきました。

刺激の強さ自体をコントロールできないなら、自分に向かないように刺激の強さをコントロールすれば良い。

そして明るくなる一文もありました。

・「 インスピレーションは自分の内側から泉のように湧いてくるので、むしろインスピレーションを得ないようにしてきたぐらいだ」

これって悪い刺激なら地獄ですが、良い刺激なら楽しくてしょうがない

HSPを知ってから自分の興味をブログに綴ることが楽しみな日々です。

楽しいことはもちろんですが、困ったことがおきてもどうやって解決したかを記録できるので、トラブルに前向きになれます。

今までトラブルを避けてきた自分には大きな変化です。

しかも子育ての記録にもなるし、一石三鳥です。

気が早いですが、老後にこのブログを読んで振り返るのが今から楽しみです。

自分にできる量は限りがある。と受け入れよう。

・敏感な人の多くは、自己評価が低いのです。

目を奪われやすいのは、まさにできないことなのです。

・ 自分のことを「量」でなく「質」で評価するようにしましょう。
 HSPは行動の質が高いので、ほかの人と同じようにたくさんのことができなくてもいいのです。
 量で劣っているのなら、質で取り返せばいい

昔は疲れやすいことや睡眠時間が長いことが悪い面だと思っていました。

速読本や短眠の本を読んで試して見たこともあります。

もちろん結果は全く出なかったです。

結果が出ないから、自分はできないんだとさらに落ち込むだけ。

それもこれも、他人と比較するからですね。

特に本を出す人って、本を出せるくらいの人だから、ほかの人よりもずば抜けている可能性が高いです。

プロスポーツ選手と同じことが出来るとは思わないのに、短眠や速読なら自分でも出来ると勘違いしてしまうのは何故なのか。

とにかく、あれもこれもと予定を入れてしまいがちなので、

予定を少なくすることから始めたいです。

今の私にはたくさんこなすこと、よりも穏やかにこなすことの方が重要

自信を持って、優しい気持ちを広げよう

いかがだったでしょうか。

最後に、こちらを紹介

・HSP同士が互いの体験やそれを通して得た知識を共有することが、とても有益

この本を通して、まず花火が苦手な人がいることを知れて嬉しかった。

一人ぼっちじゃないって、私にとっては結構安心ポイントです。

嬉しいとそれだけで幸せになり、人や周りに優しくなれます。

そして自分にも優しくなったと思います😊

私はブログという形だけど、いまはブログを書くことがとても合っているみたいです。

もしこの文章が似たような体験で悩まれている方の一助になれば幸いです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました