昼間だけ布おむつ始めました→意外に簡単。

こんにちは、こむたろです。

もうすぐ産後2ヶ月目。
体調も回復し、赤ちゃんのいる生活にも慣れてきました。

私は現在育児休暇中なのですが、収入が減るのは気がかり。
なるべく経済的な負担は減らしたい。

そこで、気になったのが布おむつです。

経済的にはお得だけど、
実際どうなの?
汚くないの?
しんどくないの?

と、不安がありました。

実は1人目の出産祝いで布おむつを頂いたのですが、使わずに放置されていました。
せっかく手元にあるので、布おむつを始めてみました。

始めてみて2週間程経ちましたが、

布おむつ、思った以上に良いです。

用意するものやオムツの洗い方、使ってみた感想をご紹介します。

初めての「布おむつ」用意するもの

・布おむつカバー3〜5枚
・布おむつ10〜20枚
・つけ置き洗い用のバケツ

これだけあればまずはオッケー。

我が家は布おむつカバーと成型オムツが5枚ずつあったので、
足りない分は要らなくなった服や布でリサイクル。

「布おむつ」の作り方

私は裁縫ができないので、古着を切るだけ。

・10センチ× 30センチ位の幅
・綿生地(タオル時だとうんちが落ちにくい)

これでOK。

昔は妊婦帯として使っていたサラシを、
産着や布おむつに再利用していたそうです。

初めての「布おむつ」使い方

布おむつにもいろいろ種類があり、
成型おむつ」よりも「輪おむつ」が主流っぽいです。
我が家はとりあえず頂き物の成型おむつを使ってみました。

布おむつカバーに成型おむつをセット
布おむつカバーに成型おむつを敷いたところ

使い方は以下の通り。

1)布おむつカバーの上に成型オムツを敷く
2)男の子はおしっこが前に来る→前を厚めに
  女の子は後ろを厚めに折り曲げる
3)赤ちゃんにおむつをセット
4)足の付け根からはみ出た布おむつを中に入れる
5)布おむつカバーのマジックテープが皮膚に当たってないかチェック

初めての「布おむつ」外もれなし。

結果はどうかな〜と少しソワソワ🙂
念のため防水シートも敷いたので漏れはないはず。

布おむつから30分後、
赤ちゃんが泣いたのでおむつを外すと、おしっこをしていました。
外漏れはしていないです。

その後、おしっこをして泣く事もあれば、
スヤスヤ寝ている事もありました。

外漏れ予防のために、こまめに見に行くことが必要ですね。

「布おむつ」の洗い方

それでは肝心の洗い方です。

・おしっこの場合→軽く水洗いしてつけ置きバケツへ

・うんちの場合→トイレットペーパーで拭き取ってから水洗いし、つけ置きバケツへ

つけ置き洗いのバケツには、液体漂白剤と液体洗剤を入れました。
(普段の洗濯で使っているものです。)

1日の終わりに、手洗いし、すすぎ、洗濯機で脱水をかけて終わりです。

我が家は夫がとっっってもキレイ好きのため、
布おむつを洗濯機で洗うことに抵抗がありました。
そこで洗濯機は脱水のみ利用OKで妥結しました。

ネットで調べると、つけ置きしたらそのまま洗濯機で
パパッと洗う方もいらっしゃって、羨ましい。

ウンチの黄ばみは残ります。

洗濯しても残ります。

でも母乳育児のため、うんちは甘酸っぱい匂い。
そのため、私は気になりませんでした。

離乳食が始まると大人のうんちと似てくるので、
その時は気になるかな?

ストレスをためない「布おむつ」の使い時

紙おむつも併用するとストレスがたまりにくいです。

布おむつは余裕のある昼間にして、

夜や、外出時、人に預ける、忙しい時、しんどい時は

紙おむつにしていました。

うんちがたくさん出ていない時もオススメですね。

布おむつを楽しむためにも、無理ない範囲で行うのがベスト。

「布おむつ」のメリット→上の子のトイトレにも効果あり

・経済的にオムツ代が半分になった
・ゴミの量が減って、ゴミ出しが楽になった
・赤ちゃんの様子をこまめに見るようになった
・洗面台や浴槽の掃除をこまめにするようになった
・上の子4歳の夜間トイレトレーニングの抵抗感がなくなった

個人的には、上の子のトイトレ抵抗感がなくなったことが驚きです。
今までおねしょの片付けが憂鬱で、踏ん切りができなかったので。
時々失敗するけどおねしょの洗濯が苦にならなくなりました。
慣れってすごい!

【結論】布おむつ 意外と簡単に楽しめます

最初はどうなることかと心配だった布オムツ。

慣れればストレスなくできるのでお勧めです。

紙おむつを上手く使いながら、リラックスしながら楽しめると良いですね😀

コメント

タイトルとURLをコピーしました