「赤ちゃん返り」は怖くない!新しい家族のカタチを楽しもう。

大人と赤ちゃん

こんにちは、こむたろと申します。
上の子は4才で、先月2人目を出産しました。

妊娠中に先輩ママから
よく言われたのが「赤ちゃん返り」

ネットで調べると
いろんな情報が出てきますね。

上の子がいつもよりも手がかかる。
対応をあやまると、その後の成長にも悪影響。
などなど、不安しかない😓

アメリカの心理学者ホームズらによると、
「妊娠」や「家族が増えること」は、
「転職」や「借金」の2倍ストレス

かかるそうです。

それだけストレスがかかると、
「赤ちゃん返り」しても仕方ないか…
という気持ちになりますね😵

とはいえ、
わが子もバッチリ「赤ちゃん返り」しました!

大変だったけど、
意外に良いこともありました。

それは家族の絆をより深められたことです😊

「赤ちゃん返り」っていつから、どんな風にあらわれる?

夫婦と子ども

上の子は4才差の男の子。
幼稚園では1人で着替えができるけど、
家ではときどき「できないからやって〜」と、
甘えていました。

妊娠中も「赤ちゃん返り」していました

妊娠してお腹が大きくなってくると
「着替えられない」が増えた気がします。

4才がどこまで出来るのか分からず、
1人でやるまで見守ったほうが良いのか、
甘えを満たすために手伝ったほうが良いのか
正直、迷いました。

お腹が大きくなってくると
抱っこやおんぶが出来なくなるので、
妊娠中から今までとは違うと
感じていたようです。

出産後に退院。目立った変化はなかったけど‥

息子は赤ちゃんをみても
何も変化がありませんでした。

逆に聞き分けが良くなり、
「赤ちゃん、カワイイね!」
「お世話したいよ!」
と良いお兄ちゃん。

でもそれが逆に不自然で
違和感を感じました。

「赤ちゃん返り」があらわれた時の対応は?効果はあった?

兄弟

赤ちゃんの昼寝中、
息子に「抱っこする?」と聞くと、
驚いた顔をしながら
大きく「うん!」と、目をらんらんと
輝かせていました。

はにかみながら抱っこされた息子をみて、
「我慢していたんだなぁ…」と私もウルウル😭

その後は
「抱っこ!」
「こっち向いて!」
「1人じゃ出来なーい!」と、
いつもの息子に戻っていきました。

実際に効果のあった、5つの「赤ちゃん返り」対策

とにかく上の子が寂しくないよう、
かわいがりました。

  • 上の子に「甘えて良いよ」と示す。
  • 赤ちゃんが寝ている時以外は2人だけの時間を過ごす。
  • 赤ちゃんと同じ事をやらせる。(赤ちゃんの沐浴桶でシャワーしたり、小さい産着を着せたり、同じベッドで寝たり、本人が希望した事)
  • どうしても手が離せないときは、「〇〇が済んだらやるね。」と約束をして、守る。
  • 夫にも赤ちゃん返りを説明して、夫婦協力して上の子を可愛がる。

上手に甘えられるようになると、
下の子のお世話も
手伝ってくれるようになりました😋

「赤ちゃん返り」は新しい家族のカタチを作る第一歩

海をみている家族

赤ちゃん返りをすることで、
確かに今までよりは
手がかかることが多くなりました😓

けれど、赤ちゃん返りは
保護者の愛情を確認して
新しい家族を受け入れるための
大切な通過点みたいです

上の子が少しずつお兄ちゃんになり、
私や夫も少しずつひとりっ子から
ふたりっ子持ちの親へとなります。

変化する家族のカタチの中で、
自分はどんな役割ができるだろう。

息子の赤ちゃん返りを通して、
自分の中で家族という存在が、
しっかり地に足をつけたものと
なった気がします😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました