【迷った時】「失うもの」がわかると、安心して挑戦できる。

こむたろです。

新しいことを始める時、悩みます

  • 時間もお金も、無駄になるかもしれない。
  • それは、やっぱり失いたくない。
  • でも、やってみたい気持ちもある。
  • 「やらないよりやる後悔」という言葉もある。
  • でも、どうしよう、どうしよう〜っ!!(プチパニック)

そうやって、堂々めぐりで悩むこと、よくあります。

そんな時は悩むんじゃなくて、「てんびんにかける」のがオススメです。

ざっくりいうと、失敗した時に得られるもの、失うもの比べてみる。

すると、安心して新しい挑戦ができるようになります。

詳しく説明しますね。

失敗は、したくない

挑戦する時、どんな自分をイメージしますか?

まずはやっぱり、「成功した時のキラキラした姿」ですよね。

それが最初にイメージできるから、挑戦しようかな?と思えるわけです。

でも、「失敗した時のどよーんと落ち込んだ姿」も、ついつい想像してしまいます。

この「失敗した姿」のイメージが強いと、新しいことを始めるのに迷いが出てきます。

誰だって失敗するのは嫌ですもんね…😅

わたしの場合、

先日はじめてママ友のお宅に招待されて、悩んでいました。

人付き合いが苦手だから、今までママ友すらいなかったんです。

子どもと公園に行った時、他のママグループがいても、挨拶したらポツンと1人で離れていました。

そんなわたしが、はじめての招待。

嬉しい反面、どうしていいのか緊張してしまいます。

(手土産はいるの?どんなことを話せばいい?ネットではママ友付き合い大変って聞いたけど、大丈夫なの?)

などなど、悩み出したらキリがありません。

失敗した時に「得られるもの」はなんだろう?

悩みすぎて、前に進めない時はどうするか?

そこでオススメなのが、「てんびんにかける」方法。

てんびんにかけるのは、挑戦して失敗したときに「得られるもの」と「失うもの」

あとは、この2つを比較するだけです。

例えば、”初めてのママ友付き合いで悩んでいる場合”がこちら↓

  • 失敗して得られるもの→経験、ブログネタ、お付き合いは無理しないというマインド
  • 失敗して失うもの→今後のお付き合い、時間、公園に行きづらくなる

書き出すと、失敗したってメリットがあるんだって気づきます

失敗談のブログって、ついつい読んじゃうんですよね。

ブログで失敗談を書いていると、書いている側も、(次はどうしようかな?)と頭の整理になるので、書いてて楽しいんですよ。

だから、失敗するのが待ち遠しくなります

失敗して「失うもの」は、取り戻せるもの?

反対に、「失敗して失うもの」も考えてみましょう。

わたしの場合だと、今後のお付き合いはなくても生きていけるので大丈夫。いつもの公園にちょっと行きづらくなるけど、近くにある別の公園に行けば良しです。

そう考えると、

「失敗して得られるもの」>「失うもの」

なので、

「失敗しても大丈夫!」

と、失敗しても安心できます。

(まとめ)「失うもの」がわかると、安心して挑戦できる。

まとめます。

ポイントは、次の2つ↓

  • 失敗した時に「得られるもの」と「失うもの」は何か?
  • 失うものを取り戻すことができるか?

悩んだ時、まずはスーッと、深呼吸。

そして、試しに比べてみてください。

「失うもの」が分かっていて、自分の中で受け入れられるんだったら、安心してチャレンジできます。

新しい挑戦を楽しめるといいですね。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました