Kindleで本を2冊出して、学んだこと【出したい本は2冊目で】

こむたろです。

去年の11月末から2冊続けての出版チャレンジ。

無事に終わったので、振り返りをします。

結論から言うと、慣れるのに時間と手間がかかるので1冊目で練習するべきです。

2冊目の感想

KDPの登録がスムーズ。

困ったときにどこを探せばいいのか分かるから、ストレスだいぶ減った。

1冊目の時は原稿を書くよりも、その後の手続きで頭がパンクしてました…

自分の苦手がわかって、よかったです😅

表紙の外注がスムーズ

表紙はココナラで、同じ方にお願いしました。

2回目の発注となると、緊張しないし良いですね。

イメージ以上の表紙を作っていただいて、わたしが1番感動しています笑

本文が書けなくて、ツラかった

今回の出版は、出版することが目的。

Kindleで電子書籍を出版するってどんな感じ?という、好奇心を満たすことが目的でした。

だからテーマも勢いで決めちゃったんですよね😅

そのため本文の内容が薄くなって、書けなくて苦しみました。

目次くらいはしっかり作ってから書こうと思います。

勢いは危険!

大切にしたこと、捨てたこと

1冊目の反省から、2冊目で大切にしたことと捨てたことがあります。

大切にしたこと

文字のバランス

わたしは文章だと漢字が多くて硬い文章になりがち。

そう思って漢字を少なめにすると、今度はひらがなが多くなりがちでフワフワした文章を書いてしまいます。

読みやすい文章は「漢字・ひらがな・カタカナ」のバランスが絶妙に良いんです。

あえて漢字のところをひらがなにしたり、カタカナにしたり。

普段はつかわない言葉を簡単に言いかえたり、気をつけました。

スマホ画面でも読みやすい改行

改行もポイントですね。

電子書籍はスマホアプリで見る方も多いので、改行は多めにしました。

パソコン画面では2−3行続いても苦にならないけど、スマホで見ると文字がびっちり敷き詰められてしまいます。

あまりにも長い文章は、一行ごとに改行していました。

テーマからブレないように確認する

妊娠出産がテーマなので、不安をあおらない文章を心がけました。

自分の体験談なので、つい勢いよく書くことがあります。

でもこのテーマは人それぞれ全く違います。

そして人生を揺るがしてもおかしくない、かなりデリケートなテーマです。

しかもブログと違って、とにかく長い。25,000字書きました。

長いとテーマからズレることがあります。

詰まった時は「テーマにあっているか?」「独りよがりになっていないか」を反省していました。

こだわりを捨てたもの

本全体のレイアウトは、考えるのをやめました。

今の自分には時間がかかりすぎて、ストレスしかない。

今回は、とにかくスムーズに読めればいい。

ココナラで「Kindleの原稿丸投げサービス」とか合ったので、得意な人を頼ったほうがいいですね。

楽だし、安心です。

分かったこと

頻度は半年〜1年に一回くらいが良い

電子書籍は自分のやったこと、チャレンジした結果、学びやアイディアをまとめるのにちょうどいい。

技術だったら1万字、読み物だったら3万字もあればOK

短いスパンで締め切りを作らない

電子書籍は長期的にコツコツやるべき。

後から修正はできるけど、かなり大変です。

一回やったけど、もう2度とやりたくないです😭

すでにダウンロードしてくれた方がいたら、都度連絡しなきゃいけない。

更新したらハイライトなど消えてしまう。

KDPの連絡も手間です。対応は意外にも個別メールでしっかりしてくれるけど、時間がかかります。

それくらい大変でした。

だから、納得した文章を書いたほうがいい。

販売のタイミングは週末を狙おう

1冊目の本は最初の無料キャンペーンも狙えてなかったです。

本を出した日が偶然にも週末だったので、そこで読んでもらえた感じです。

その後はほぼ動きなし。

無名で販促しないとこうなるんですね。

2冊目はキャンペーン期間も金曜日の夕方から5日間に合わせてみます。

そしてTwitterで毎日告知してみます。

1冊目と比べて変わるのか、楽しみです。

まとめ

2冊続けての出版チャレンジ。

年明けて1月、無事に終わってホッとしました。

2冊目の時は子どもの冬休みで時間が取れず、年末年始でモチベーションが下がっていました。

「諦めたほうがいいのかな?」とも思ったけど、コツコツ続けて良かった。

電子書籍のハードルはだいぶ下がったので、これからも楽しんでいきたいですね。

今日もまた、ほどよく明るくいきましょう。
ご覧いただき、ありがとうございました。

*ランキングに参加しています*
*押していただけると、励みになります*


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

HSPランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました