本当にやりたいことは、ドリームキラーが見つけてくれるかもしれない。

こむたろです。

「ドリームキラー」って聞いたことありますか?

直訳すれば「夢を殺す人」。

なんだかちょっと怖いですね。

ざっくりいうと、「人が何かを始めようとするとき、否定的な言葉や態度で、相手の夢や目標を壊そうとする人」です。 

夢や目標をかかげた時って、ワクワクいい気分になるじゃないですか。

そんなワクワクを邪魔されるので、嫌な存在だなぁと避けられることが多いです。

そんな嫌われ者のドリームキラーですが、実は自分の本当にやりたいことを見つけてくれるお助けマンでもあるんです。

一体どういうこと??

その理由は、周りから夢や目標を否定されても、それでも「挑戦したい」と思えことに気づかせてくれるから。

実際の体験談を紹介しますね。

今プログラミングをすべきか、悩んでいた

わたしの最近の悩みは、一度挫折したWebページ作成の勉強を再開することでした。

実は4ヶ月前に「プログラミングをやろう!」と、ど素人から始めたんですね。なんとか基礎の教科書(HTML& CSS)1冊を終えました。

でもそこからどんどん難しくなり、出産もあってそのままフェードアウト。それから全く勉強をしていません。

(やった方がいいんだろうけど、一度挫折したし、子育てで忙しいし…)と、理由とつけて再開してませんでした。

そんなタイミングで、初心者むけのプログラミング講座に申し込めるきっかけがありました。

普段Twitterでフォローしているインフルエンサーさんのプログラミング講座で、前々から興味がありました。

(独学で挫折したなら、コミュニティに加われば挫折しないかもしれない。

プログラミングの勉強を始めるに当たって、たしかに今は時間的に余裕がありません。

2人の子どもがいて、家事もあります。

でも育休が終わって、復職したら、時間ばもっと無い。

人生で今が1番ヒマです。

(やるなら今だ。でも、背中を押してほしい…)

と思い、思い切って夫に相談しました。

今までプログラミングを勉強していたことも隠していたので、まずはそこから伝えました。

結果、

「プログラミングを勉強するのはいい。だけど講座代が高いね。」と否定されました。

講座料として、数万円かかるんですね。それが高すぎるので、お金をかけずに勉強する方法を紹介されました。

夫に反対されたけど、諦めきれなかった。

「そっか。話聞いてくれてありがとうね。」と言って夫との会話は終わりました。

そして、

反対されたことで、また改めて考えました。心の中はずっとモヤモヤしています。

(本当に自分は諦めていいの?)

何度も問いかけました。

結論として、

「やっぱり、やりたい!やろう。」

え?オイオイ!と突っ込まれそうですが、モヤモヤが消えなかったんだからしょうがない。

でも、夫の反対がなければ、ずっとモヤモヤを抱えていたかもしれません。

そう考えると、吹っ切れて、すっきり。

反対されてもやりたいことが見つかりました。

ドリームキラーに否定されても「モヤモヤ」したら、やりたい証拠

いかがだったでしょうか。

他人から否定されることで、「これは自分の本当にやりたいことかな?」と考え直すことができます。

他人から否定されて、「それでもやりたい!」と思ったらやるべき。

人から否定されて、「やめよう」と思ったら、やめていいです。それまでの情熱だったということですから。

ドリームキラーの助言に感謝して、さっそうと次に行きましょう。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました