【ブログ継続のコツ】ブログの先にいる、読者の顔を思い出そう

こむたろです。

4ヶ月でブログ100記事を目標にして、
現在81記事目です。

一日一記事ベースで続けられています。

ブログの継続率は一年で10〜20%なので、
続けることがとにかく難しい😅

今回は、
難しいと言われる【ブログ継続のコツ】
を紹介します。

結論から言うと、
ブログを始めた目的を思い出すだけです。

ブログの記事に煮つまったら、
「どうしてブログを書き始めたの?」
と自分に聞いてみましょう。

読み手の姿がイメージできて、
新しいアイディアが沸いてきますよ。

詳しく説明しますね。

ブログを書く目的→昔の自分に読んで欲しい

先日、子どもも寝静まって、ほっと一息。

温かいお茶を飲みながら、
ブログについて1人で考えていました。

そんな時、

「どうしてブログ書いてるの?」
と夫に聞かれたので、

「誰かに読んで欲しい」
と、とっさに答えました。

会話はそれで終わりましたが、
誰に読んで欲しいか」までは、
恥ずかしくて伝えられませんでした。

誰にこのブログを読んで欲しい?

それは、

「昔のオドオドした自分」です。

誰かのブログに何度も助けられた。

基本的に臆病で小心者なので、
昔はとにかく生きづらかった。

ちょっとしたことに悩むくせに、
誰かに相談することもできない。

だから頼りになったのは
ネット検索や生活エッセイでした。

特に上の子が生まれたあとは、
周りに親戚もいない状況だったので、
困った時はとりあえずネットで検索。

些細なことでも調べて、
同じような状況の人のブログを
読んでいました。

(初めての子ども、ちゃんと成長している?)
(夜泣きが激しい時は、どうしてる?)
(親がコミュ障だと、子どももコミュ障?)
などなど。

子育ての不安はつきません。

直接人に聞きにくいのもあって、
子育てブログや失敗体験談は
こころの支えでした。

それは今もですね。

2人目の子どもが生まれて、
2人育児の方法を調べたり、
上の子の赤ちゃん返りの対応を調べたり。

HSP気質が分かってからは、
同じように感じていた人のブログを読んで、
「花火や大きい音が苦手なのは、
自分だけじゃなかった」と安心したり。

まさしくこころの支え。

夫に「どうしてブログを書いてるの?」
と聞かれて、

そんな風にいろんなブログにお世話になって、
救われてた気持ちを思い出しました。

(世界のどこかで、昔の自分と同じように
悩んでいる人の役に立ちたい。)

(まとめ)難しい時は、ブログの先にいる「読者の顔」を思い出そう

いかがだったでしょうか。

夫に「どうしてブログを書いてるの?」
と聞かれたおかげで、
ブログを書く目的がクリアになりました。

継続するために目標の再確認。大事ですね。

ブログの先にいる読み手の姿を想像しながら、

(元気出していいよ、失敗しても大丈夫だよ)

と、思いを込めながら。

今日もブログを書きます。

ここまでご覧いただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました