【HSPさんにおすすめ】歌って踊って楽しいミュージカル5選

こむたろです。

きれいな音楽を聞くとうっとりします。

ふつうに音楽を聞くだけでもいいんですが、もっと好きなのが「ミュージカル」

ストーリーの途中で急に歌い出すので、慣れない人は慣れないですが、これが大好きです。

うれしい時は喜びの歌、悲しい時は切ない歌を、音楽に合わせてうたう。

登場人物の喜怒哀楽を、ググッと引き出してくれるんですよね。

今回は【オススメミュージカル5選】を紹介します。

何度も観て、何度も泣いている作品ばかりです。

『レ・ミゼラブル』2012年 トム・フーパー監督

原作はビクトル・ユゴーの長編小説。1800年前半のフランス革命以降の社会。一切れのパンを盗んだ罪で投獄された主人公の、波乱に満ちた生涯を描いています。

超有名な作品なので、いくつも映画や舞台やテレビドラマ化されています。わたしがみたのは、2012年の映画版でした。その後ハマってDVDを買い、舞台まで観にいってしまいました。合計10回以上はみてしまいました。

革命の時代なので、勇ましい歌が多いですね。革命前夜の歌と、ラスト全員で歌う「民衆の歌」が壮大でカッコいい

主人公の娘の歌声が、はかなくて何度も聞きたくなります。娘と恋人の歌声が重なる部分が好きです。

宿屋の紹介の歌は、ちょっと怖いけど、愉快で楽しい。いじわるなキャラなんだけど、どこか憎めない。いろんな人間がいます。

楽しい歌、悲しい歌、怒りの歌、切ない歌、勇気の歌などなど、バラエティにとんでいます

マンマ・ミーア!

昔住んでいた街に、レトロな小さな映画館があって、ちょっと前の映画を2本700円で上映していたんですね。

観客はほとんどいなくて。

時間だけはたっぷりある学生だったので、1人でよく過ごしていました。

入れ替え制でもないので、気に入ったら一日中いても大丈夫。
(その前に古いバネの椅子に疲れてしまいますが、それもほっこりします。)

そこでみた、初めてのミュージカルが「マンマ・ミーア」でした。

最初は、急に流れ出す音楽と歌い出す人たちを見て、

「一体何が起こった??島中の人が歌って踊っている?!」

こんな感じでプチパニック。

全体的に陽気な映画なので、最後は感動の涙を流しながらも、身体を揺らしながら楽しんでいました。(だって周りに人がいないから。)

それから20年くらい立ちますが、今でも元気が欲しい時は繰り返しみています。

とにかく明るくて元気になります。

歌は全て「ABBA」の曲を使っているので、若干シチュエーションと曲が合わない気がしますが、ノリで行ける。

「ABBA」はリアルタイムでみていないけど、聞いたことのある歌がいくつもあって、曲のすごさを感じられます。

冒頭の「ハニーハニー」が可愛くって、年頃の主人公たちにハマっててとってもキュート。キュートという言葉が似合う。

お母さん世代の「ダンシングクイーン」もカッコいい。母親世代はかっこいいですね、バラバラの人生だけど、みんな誇りを持って生きているのがとてもいい。

いろんな女性、いろんな男性、いろんな恋愛の形があって、それぞれ楽しんでいてよし。

映画では地中海のキレイな海が広がっていて、それも癒されます。ほとんどCGだそうですけど、すごい技術ですね。

ちなみに続編もあって、母親世代の話なのでちょっと違和感ありますが、歌は良かった。

ヘアスプレー

1960年代のアメリカが舞台。主人公の女の子はオーディションで選ばれたそうです。当時のオシャレでかわいい衣装、「古き良きアメリカ」の舞台衣装がかわいくて癒されます。

途中ちょっと間延びした印象はありますが、最後の歌はテンション上がります。

やっぱりオススメは最後の「You cant stop the beat」

今まで登場してきたキャラが、それぞれ自分の思いを歌って、最後はみんなで大合唱。スカッとします

主人公の歌声が伸びやかなので、冒頭の「Good morning Baltimore」も気持ちいい。

そして母役が、、役者さんを知った時は衝撃でした!

大きい親子がうたう、「Welcome To The 60's 」も、ポップでかわいい。最初は恥ずかしがるけど、最後は思い切り歌い出すお母さん。圧巻されます。

サウンド・オブ・ミュージック (映画)

ミュージカルの大御所ですね。

主人公の透きとおった、伸びやかな声が好きです。キレイな声。

「My favorite things」は、気分がいい時につい鼻歌で歌ってしまいます。日本語吹き替えだと、歌詞に違和感を感じるかな。歌以外にも、歌詞に出てくる小物をイメージすると、ほっこりしますよ。古い映画は言葉遣いがキレイなので、癒されます。

長女とボーイフレンドの歌も、甘酸っぱい青春。

お子さんがいる方は、「ドレミの歌」や「so long, farewell」は子役が歌っているので、一緒に歌ってもいいですね。

雨に唄えば

こちらも大御所。

タイトル曲「雨に唄えば」は、のびやかでつい口ずさみたくなります。

というか、つい歌ってしまいますね。 

自信や喜びにあふれていて、何度でも聞きたくなります。

ヒロインの歌声も素敵。

そして、1番すごいのはCGじゃないレベルのダンスをしていて、圧巻されます(Make Em Laugh)。

もうアクロバットのレベル。これをみるだけでも価値がある。

(まとめ)ちょっと疲れた時や元気になりたい時は、ミュージカルがオススメ

いかがだったでしょうか。

歌って踊るミュージカルをみると、元気をもらえます。

元気になりたい時やきれいな音楽を聞きたい時は、ぜひみてくださいね。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました